「Too many people」海外進出へ!

ASKAさんのアルバム「Too many people」をアジア各国で販売したいという申し出があり、実現に向けて動き始めるとブログで発表がありました。海外のファンの方にも聴いていただける日が確実に近づいています!

 

まずは台湾からのスタートになるようで、来月には打ち合わせが始まるとのこと。FacebookTwitterなどといったSNSには台湾のチャゲアスファンも多いため、現地で販売されたら視聴して購入される方も多いのではないかと思います。その後、順番は分かりませんが、香港やマレーシア、マカオなどでも順次発売となっていくようです。「この海外での発売が、ASKAさんがおっしゃっていた「5本の矢」のうちの1本なのかな?」と勝手に想像しています。

 

きっかけはCHAGE and ASKAで行っていたアジアツアーで、当時知り合ったレコード会社から声がかかったとの事。不祥事を起こしても決して見捨てる事はなく、歌が出せるようになる日を静かに待っていてくれたのですね!当時は若手で積極的に働いていた音楽仲間も、年を重ねるごとに現場のトップになってASKAさんのソロ活動を応援して下さっているようですね。いつか現地でツアーが出来るといいのですが、「パスポートが取得できない状態」と書かれていたので、海外での始動はまだ先になるでしょうか。

 

「Too many people」は国内の多くのCDショップや通販などで発売してくれましたが、「コンプライアンス」という理由によって、罪のない過去の楽曲たちを封印する日本の音楽業界。それに比べて海外の業界は寛容な態度でASKAさんの音楽を受け入れてくれるので、本当にありがたいと思います。

 

f:id:happy-smile921:20170121222300j:plain